不動産丸ごと情報ナビ【板橋区編】 » 押さえておきたい!不動産購入のお金に関する基礎知識 » ローンについて

ローンについて

住宅ローンではどんな審査をするのか、どうすれば通りやすくなるのか、について触れています。また、近年人気のローン制度「フラット35」についても解説しています。

失敗しないローンの組み方

家を購入する上で重要となってくるのは「良い住宅ローン制度・会社を選ぶこと」。様々な金融機関が住宅ローンを打ち出していますが、会社によって金利や諸費用に差があるため、選んだ会社によってはかなりの差額を支払うことになるでしょう。なるべく良心的な金利・費用で住宅ローンを借りられる金融機関を選ぶ事が、ローン失敗回避への道です。

フラット35ってどんなもの?

最近よく耳にするようになった「フラット35」。名前は知っていてもどんなものかは知らない人も多いでしょう。これは、2003年に登場した住宅ローンで借入時に全返済期間の金利が確定し、返済額が固定となります。景気に左右されず、将来的な支払いの見通しが立てやすいのが魅力的です。

利用条件

金利

さらに、耐震機能や省エネ性能など一定の基準を満たした場合はフラット35Sにランクアップし、一定期間0.6%の金利引き下げが受けられます。

フラット35のメリット デメリット
  • 借入額の範囲内なら100%借り入れ可能
  • 返済額がずっと変わらず安定
  • 審査で勤続年数が問われない
  • 保証人、保証料が必要ない
  • 団体信用生命保険は任意
  • 繰り上げ返済の手数料無料
  • 変動金利などに比べると金利が高い
  • 世の中の金利が下がっても影響を受けない
  • 技術基準適合を証明する証明書の発行にお金がかかる
  • 事務手数料、登記費用、火災保険料などは借りられない
  • 繰り上げ返済が最低10万円から
    (ネットバンク利用。窓口だと100万円から)

頭金が少ない方・職業柄安定収入が確保できない方・保証人となる身内が居ない方…など、普通の金融機関ローンでは厳しいかなもと思われる方でも利用しやすいのがフラット35の最大の魅力といえそうですね。

ちなみに、フラット35はどの金融機関から申し込んでも最低金利は一律となります。そのため手続きの諸費用が安い、繰り上げ返済のためのインターネットバンキングシステムが充実しているところを選ぶのが良いでしょう。

住宅ローンが通らなかった場合

個人に数千万を貸し付け、30年ほどの期間を掛けてじっくり返済していく住宅ローン。誰でも借りられるというわけではなく、きちんと審査を経て返済能力があると認定された人でないと、融資を受ける事が出来ません。

銀行側は審査の際にこのような基準をメインに判断しています。

  1. 完済時の年齢
  2. 返済負担率
  3. 借入時の年齢
  4. 担保(住宅)の評価
  5. 勤続年数
  6. 健康状態
  7. 年収

大規模な会社に属している・年収が高いほうが有利なように感じますが、実際は債務者の年齢や勤続年数のほうが重視されいます。確かに将来の不安がある人よりも毎月きちんと働き、安定して返済出来そうな人のほうが信用できるのです。

最近は、以下の理由によりローン審査に通らなかった人が増えているとのこと。

上記の条件を満たしているのに審査に落ちてしまった場合、自分の状態を確認してみましょう。

金融機関によって審査の基準はバラバラ

1つのローンに落ちてしまうと、もう無理なんじゃないか…と思い込んでしまいますが、別の住宅ローン会社では審査に通る場合も。審査の基準は金融機関によって異なるため、基準を敢えて緩く設定している会社も意外とあります。

ただし、こういった金融機関は金利や手数料が高くつく事が多く、そのまま同じ会社のローンを利用していると最終的な支払額がかなり増えてしまうこともあるので注意が必要。

その場合、一旦緩い会社でローン審査を通して住宅を購入、返済の間に他の金融機関で審査に通らなかった原因をなくした上で「ローンの借り換え」を行うのが良いでしょう。

借り換えとは、今ある残りの返済額を別の金融機関に一括で返済してもらい、その額で新たにローンを組みなおすプランのことです。これをすることで、金利を大幅に下げ最終的な支払額がお得になるケースが多くなります

借り換えを行う際もきちんと比較をしないと損する可能性もありますので、金融機関について詳しいファイナンシャルプランナーなどに相談してみるのがおすすめです。

板橋区に強い不動産会社をチェック
板橋区に強い不動産会社をチェック
板橋区に強い不動産会社をチェック

Copyright (C)理想のマイホームを見つける!不動産まるごと情報ナビ【板橋区編】 All Rights Reserved.